最新 追記 編集 設定

dev : サイト開発と blex のサイト



3. PC にファイルを展開

パソコンにtDiaryとblexなどのプラグインのファイルを展開します。

サーバーに簡単にアップロードできるように、パソコンにtDiaryに必要なファイルを展開します。 パソコンで動作するWEBサーバー(an httpdなど)をインストールすれば、パソコン上でtDiaryを起動し、テストすることもできます。

インストールの方針とファイルを展開する場所は、インストールの概要をご覧ください。

tDiary本体のファイル展開

tDiary 3.1.3であれば、フォルダ名「tdiary3xx」を「tdiary313」に読み替えてください。

(1) tdiary fullの内容をコピー

d:\usr\local\share\tdiary3xx にコピー。

(2) blogkitのスタイルファイルをコピー (wikiスタイルの場合)

blogkitの tdiary\blog_style.rb と tdiary\blogwiki_style.rb を、 d:\usr\local\share\tdiary3xx\tdiary\ にコピーします。

(3) themeをコピー

使用するテーマをコピーします。 blogkitのテーマを使用する場合は、blogkitの theme\blog\ をフォルダごと、 d:\usr\local\share\tdiary3xx\theme\blog\ としてコピーします。

blexでは、gustavを使用しています。theme\gustav\もコピーしておきます。

サーバーでは、OSのリンク機能(ln)を使用して、各サイトのテーマフォルダを共通フォルダにリンクして使用します。 リンク機能を使用しないのであれば、サイトの起動フォルダ内のthemeに、それぞれコピーします。

パソコンでテスト的にtDiaryを起動する場合、リンク機能が使用できないため、サイトの起動フォルダに直接コピーします。

(4) blogkitのpluginをコピー

blogkitの plugin\ の内容を、 d:\usr\local\share\tdiary3xx\misc\plugin\ 内にコピー。

他のプラグインを使用する場合は、ダウンロードして、theme\gustav\ にコピーします。 言語フォルダ(ja)があれば、それも忘れずにコピーしておきます。

(5) 共通 theme と js の使うためのプラグイン作成

tDiaryの更新の場合は、既存の change_url.rb をコピーします。 blexのファイルキットにも同じファイルがありますので、そのままコピーしてもOKです。

# change_url.rb
def theme_url
   '/theme'
end

def js_url
   '/js'
end

d:\usr\local\share\tdiary3xx\plugin\ に保管します。

blexファイルのコピー

blexを使用しない場合は必要ありません。 blexのファイルを展開します。

起動フォルダ(/home/hoge/html/)にコピーし、編集

(1) htmlフォルダの内容を、起動フォルダにコピーします。

次のファイルを起動フォルダにコピーします。 これらはサイト内容に応じて、内容の編集が必要です。 使用時は index.rb-sample などの最後の -sample を取り除いくか、同等の内容を作成してください。

  1. 起動ページ index.rb
  2. 管理ページ update.rb
  3. ユーザー毎の個別設定 tdiary.conf

blexでは、起動フォルダのindex.rb, update.rbに最小限の設定を記入し、システムフォルダのプログラム本体を呼び出しています。

  1. dot.htaccess

アクセスを管理するためのファイルです。 ダウンロードしておきます。 修正方法は、サーバーへのアップロードのページで説明します。

  1. パソコンとスマートフォン用のスタイル style.css
  2. 携帯電話用のスタイル mobile.css

実験的に個別のテーマファイルを読み込むようにしています。 必要であれば、これらのファイルをコピーしたり、内容を編集して使用ください。 内容は作成途中のものです。

(2) index.rb を編集します。

html下のindex.rbから、共通のtDiaryのindex.br(実際はその改造版のblex-index.rb)をコールします。

システムフォルダとデータフォルダのフォルダ(パス)の指定、メニューの指定、トップ表示するカテゴリ(または日付)などを追加します。

index.rb の例:

#!/usr/bin/env ruby
# -*- coding: utf-8; -*-
#
# index.rb
#

BLEX_MENU =<<EOT
TOP  index お知らせ 利用案内 サイト情報 個人情報 お問い合わせ 検索
最新  *LATEST*
システム system リリース tDiary blex blexのインストール plugin
⇒HOME(kohashi.org)に戻る ../
EOT

$blex_start = 'index'
$blex_label = 'TOP'
DATA_PATH = "/home/hoge/data/dev"
TDIARY_PATH = '/usr/local/share/tdiary313'
require "#{TDIARY_PATH}/blex-index"

DATA_PATH にシステムフォルダを TDIARY_PATH にデータフォルダを指定します。

BLEX_MENU にメニューを設定します。詳細は ⇒メニューの設定

  • 一行にひとつのメニューを指定します。
  • 最初の文字が、メニューのタブに表示されます。
  • 次の文字が、親カテゴリ名です。直接URL指定するために英文が便利です。
    • 「*LATEST*」は、特別な表記で、タイトル一覧を指定します。
  • 3文字以降は、親カテゴリに含む子カテゴリを意味します。

URLのみを指定したときに、スタートページ(特定のカテゴリのページ)を表示したい場合は、$blex_startにカテゴリ名や記事・日記の日付を記入します。 $blex_labelは、スタートページの別名になります。($start_labelは変更する可能性あり)

(3) update.rb を編集します。

メニュー以外の設定を記入します。

update.rbの例:

#!/usr/bin/env ruby
# -*- coding: utf-8; -*-
#
### update.rb
#
DATA_PATH = "/home/hoge/data/dev"
TDIARY_PATH = '/usr/local/share/tdiary313'
require "#{TDIARY_PATH}/update"

(4) tdiary.conf を編集します。

サイト個別の設定をこのファイルに記入します。 記入方法は、一般のtDiaryと同じです。

共通の設定内容は、システムフォルダのshared.confに設定します。

システムフォルダにコピーします。

blexを使用する場合は、htmlフォルダ以外の内容を、システムフォルダにコピーします。

blex-index.rb
shared.conf
misc/plugin/
   20blog-category.rb
   40blex-blog_extender.rb
   title_tag_blex.rb
plugin/
   change_url.rb ※前に説明
theme/
   blex-adapter.css

その他のファイルのコピー

使用時は、オリジナルのファイルに-orgなどの名前を付けてバックアップし、 ダウンロードキットの各ファイル名の最後の -blex を取り除いてください。

skel/
   diary.rhtml (*1)
   i.day.rhtml (*2)
   i.diary.rhtml (*2)
   i.latest.rhtml (*2)
tdiary/
   blogwiki_style.rb  (*3)

次のようにしたい場合は、同様にコピーします。

(*1)コメントを非表示でコメント関係を完全に表示したくない場合 ※詳細⇒コメントを非表示

(*2)携帯電話の表示方法の変更。 mobile.cssを参照する、メニューを追加する、latestモードでタイトル一覧を表示する など。 ※詳細⇒携帯電話を拡張

(*3)blox wiki スタイルの "Read more"を「続きを読む...」にしたい場合 ※詳細⇒ReadMoreを変更

共通の設定ファイル shared.conf の編集

blex同梱の shared.conf を更新して使用します。 または、blokgkitの tdiary.conf.sample_jaを共通の設定ファイルとして、 d:\usr\local\share\tdiary3xx\に shared.conf としてコピーします。

blexの設定の詳細⇒blexの設定

blexを使用しないが、tDiaryのプログラム部分を共通に使用したい場合

起動フォルダのindex.rb, update.rbから、システムフォルダのindex.rb, update.rbを呼び出すことで実現できます。 blexのindex.rbなどをご覧いただければ理解できると思いますので、説明は省略します。

パソコンで起動し、動作テストする場合

an httpdなどのwindows用WEBサーバーを使用して、パソコン上でtDiaryをテスト稼働する場合、少し追加の設定が必要になります。

theme のコピー

サーバーのようにリンク機能(ln)を使用できないため、themeフォルダを起動フォルダの中にコピーします。 自分で作成したthemeは、文字コードが utf-8 であることを確認します。

テスト用にコピーするべき必要最低限の内容

base.css
conf.css
conf.block.png
help.css
default\
gustav\
を、d:\home\hoge\html\theme\ にコピー

javascript(js) のコピー

これもリンク機能がないため、直接コピーします。

d:\home\hoge\html\js\ にコピー。

アクセス権の設定 dot.htpasswd

ローカルPC上の環境は、一時的なテスト環境のため、アクセス権の設定はしません。 無論、LAN内、外部からの不適切なアクセスがないことが安全上の前提条件です。

キャッシュ削除

tDiaryやrubyのバージョンアップの場合、互換性に起因するエラーを防止するため、データディレクトリにあるcacheディレクトリを丸ごと削除します。

tDiaryの起動

WEBサーバーが稼働している状態で、問題がなければ、起動します。 tDiaryの設定メニューからいろいろと設定し、動作確認します。

作成日: 2011年11月4日 更新日: 2012年5月8日
カテゴリ: インストール PCにファイルを展開

(c) Teruo Kohashi - dev : サイト開発と blex のサイト