最新 追記 編集 設定

kohashi.org - 写真とコンピュータと猫さんぽ



EOS Kiss-M 使用感

EOS Kiss-M 使用感です。全体として満足です。 ※EOS 5D Mark IV/III/II, 7D, 6D, 40D、M2、M5ユーザー ※動画(ビデオ)は2015年から。それまで経験なし。 ※EOS Kissシリーズは、Kiss-Mが初めて。

操作

ボタンが少ないと合われていますが、実際の使用で困ったことはありません。LCDディスプレイを中心に少ない操作系で良く作り込まれていると感じます。M5より使いやすいです。

バッテリーは小さいですが、実使用として2時間程度の撮影に耐えます。ただし、不要な時は電源をこまめにOFFにしています。M2と同じバッテリーなので重宝します。(M5は売却したので持っていないので)

写真の画質は問題ナシです。感想は略します。

どのメーカーのカメラでも当てはまりますが、ピントが抜けて背景のコントラストの強い部分に合焦する傾向があります。ピント拡大してフォーカスすることで対処できます。この点は、M5や一眼レフよりも簡単にピントを追い込めます。瞳AFは使用していないのでわかりませんが、F8程度の被写界深度のある一般的な使用ではピンボケはないでしょう。サングラスをかけていて顔を認識しないことがありました。顔を認識すると逆光でも人物に適した露出になるのには驚きました。

動画

動画は机上論を含めたいろいろな意見があるようですね。FHD動画は画質を含めて問題は見出せません。じゅぷんな内容です。

4種の4K動画検証と習熟を兼ねて10本の4K動画を作成しました。画質はEOS 5D Mark IVと比較しました。

以下、4K動画の総論

使い熟しは必要ですが、簡単に習熟でき、画質的にも実用的な安価な4K動画機材という結論です。

Kiss-Mは動体歪(早く動くもの、カメラを早く動かしたときに歪がでる)が顕著です。また、電子動画補正は画質が低下します。使うべきではありません。画質的には5D Mark IVと比較しても満足した結果でした。YouTubeなどではビットレートが低いので、差はほとんどないと思います。つまり、固定して撮影すれば良い画質が得られるカメラということになります。

4K動画のピントはマニュアルフォーカスがお勧めです。4Kは確かに合焦するのが遅いですが、オートフォーカスにしても、ちょっと前のカメラのようなピントが前後に動いてフラフラするという現象が起き難いようです。場面次第ですが、ゆっくりの合焦するので自然な感じになります。※マニュアルフォーカスで満足しているので検証予定ない。

安価なEF-Mレンズとしては大健闘していて、逆光時のコントラスト低下(レンズ鏡筒内の反射が原因と推定)とフォーカスシフトが顕著です。真面目に撮影しようと考えれば、撮影時に対策できる内容です。

検証動画 ⇒camera and movie tips (YouTube)

作成日: 2018年4月15日 更新日: 2018年4月15日
カテゴリ: カメラ キヤノン

(c) Teruo Kohashi - kohashi.org